<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
コードネームはファルコン

自分の思い描く理想で他人が幸せになる事は
不幸にする事よりももっと困難で難しい

 
コードネームはファルコン 


実際にアメリカで起こったスパイ事件を元に描かれた映画です。

何不自由なく育った主人公クリスとまるでチンピラのドールトン
彼らの共通項は幼い頃からの友達であるということ。
そんな温室育ちで神学校に通っていたクリスが就職したのが
とあるアメリカの情報機関だったのですが
そこで目にしたのは理想の国家とは裏腹なダークな部分。
まだ社会というものを、世界というものの
大きさ、恐ろしさを知らない彼は幼馴染のドールトンを巻き込んで
情報売買=スパイ活動に足を踏み入れていきます。。

主題歌はデビッド・ボウイ
タイトルが「This is not America」とはモロ直球すぎです。
最近の映画の主題歌はどうでもいいタイアップが多くて
印象に残るという曲はあまりないけれど
この曲は映画のイメージそのまんまです。


クリス役のティモシー・ハットンはさておき
ドールトン役を若き日のショーン・ペンが演じているのですが
これがもう最高にいい。
なんで真面目なおぼっちゃんの主人公が
そんな不良なやさぐれ男と友達付き合い続けるんだろう?
という疑問の答えが、ショーンの演技の中にあります。
憎めない、見捨てられないキャラだから
クリスは同じ運命を辿ったのか?
私の中で答えは「否」です。
結局はクリスもドールトンを利用していただけの事。
自分の方が優れているという思いがあったから
続いていただけの友人関係、その友情は一方通行で
決して対等になるように見える事はなかった。
そんなクリス自身を象徴するかのように効果的に使われるのが
クリスと彼が飼っていた鷹とのシーン。
大切に飼われているとはいえ、
囚われの身である鷹が大空に放たれて羽ばたくワンシーン。
物語冒頭とラストで同じようなシーンをまったく対照的に描いています。


クリスが引き起こした事件は正義感の観念からすると
彼の行動が100%許せないというものではありません。
けれど、彼に友達の人生を奪い
家族や関わった人を不幸にする権利はないはず。


支配する者とされる者。
クリスが衝動的に欲したものは理想郷だったのか
本当の自由だったのか。
きっと永遠に手にする事ができないからこそ
人はそれを追い求めてしまうのかもしれない。


 

| 洋画・カ行 | 02:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
殺人の追憶
おまえは、いまどこにいる?
その答えを知っているのは・・・




1980年代の韓国で実際に起こった連続殺人事件の映画化です。
しかも未解決で未だに犯人は捕まっていません。

映画化するには事件が未解決なので
ラストをどう消化するのかが疑問でした。
そしてその題材と、事件に翻弄される刑事達・・・という
ストーリー展開ですぐに思い浮かんだのは
先日のブログで書いたゾディアック

映画化の順番でいうと
こちらが2003年でゾディアックが2007年
私は先にゾディアックを鑑賞済みだったのですが
観始めてすぐにゾディアックがいかに駄作だったかを思い知りました。
犯人を特定したゾディアックと対照的に犯人を特定する訳でもない。
なのに、恐ろしく衝撃的なラスト。
ここまで作品自身に得体の知れない凄さを持つ映画は
なかったかもしれない。

人間の内に潜む、自分ですら気づかない暗い闇の中の本質
それは何も犯人だけが抱えているものではなく
ごく普通に暮らす人々達でさえも抱えているという真実を
物語中盤から見事に描き出しています。
だからラストシーンに至るまでの登場人物達に
悪い意味ではなく感情移入すらできなかった。
なぜならそれぞれの登場人物の持つ怒りや悲しみ、狂気が
表裏一体のように紙一重でつながっていたから。
すべての登場人物に垣間見る自分自身の本質の姿。
誰でもが刑事になり被害者になり犯人に成りえる可能性を秘めているという現実。

誰の心にも怪物は息を潜めている。

この事実に、「なぜ犯人は捕まらなかったのか」という
答えをぶつけています。
それ故にあのラストシーンへとつながるのでしょうか。

だから、犯人がたとえあなたの隣にいたとしても気づかない

永遠に。
| 洋画・サ行 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゾディアック
怪物は姿を見せずとも人を破滅させる事ができる



もう説明するまでもなく
かつてアメリ中を震撼させた伝説の殺人鬼
ゾディアックについて描かれた映画です。
というよりも、犯人探しの謎解きに関わって
見えない犯人に獲りつかれ少しずつ運命の歯車が狂いだし
人生そのものを変えてしまう事になった4人の人物についての映画です。

私自身も連続殺人鬼というものに興味があって
ゾディアックについてもかなり詳しく調べた事があります。
今の科学捜査能力からすれば当時の状況証拠だったら
ある程度は解明出来き容疑者も絞り込めるような事件で、
古き良き時代から近代化した新しい時代との隙間
ちょうど時代のエアポケットの中で起こったような、そんな事件でした。

高度成長を遂げようとしていたあの時代だったからこそ
人々が姿の見えない怪物に魅了され熱狂したのでしょうか。。

劇中では殺人鬼の得体の知れない恐ろしさと
殺人鬼に心を囚われてしまい
見えない凶器で人生を破壊されていく恐怖
その二つの対比を描きたかったのかしら?と思ったけれど
話の展開が散漫になりすぎてインパクトが弱すぎた。

最後に犯人の謎解きもあったけれど
この事件に興味を持った人なら誰でも知っている事で、
今更驚く訳もない。
結局この映画を通してこの監督はナニを伝えたいのかが
まったく以って私にはわからなかった。。。
| 洋画・サ行 | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
ぼくを葬(おく)る
死に逝く者が選んだあるひとつの選択



この映画を観ようと思ったきっかけはその題材にあった。

仕事もプライベートも順調でさあこれから、というときに
主人公は突然、余命三ヶ月の宣告を受ける。
そして宣告を受けてからその死ぬ瞬間までを描いた映画

普通の映画と若干違うのは
主人公がゲイだという設定だという事

こんな題材の映画を観るとき
多かれ少なかれ普通の人はその残された余命の描写の中に
自分自身を投影して共感できる部分を探し
自分だったらどうするのか、を考えながら観るのではないかと思う。
だって、誰にでも必ずは訪れる
「死」というものを扱っているからね。

私も少なからずそんな中の一人だったと思う。

そうして映画を観始めて私の思惑は脆くも崩れ去る。

主人公が「ゲイ」だという意味。

この主人公は誰かに置き換えれるような人物ではなかった。
ある一人のたまたまゲイだった男が
余命宣告を受け、ある選択をし
最後に自分の死に場所を選び、息絶える。
もしかしたら、主人公に共感を抱く人はいるかもしれない。
だけど、私には抱けなかった。
ネタバレになってしまうかもしれないけれど、
主人公が自分に依存しすぎる恋人の自立を促すために
愛しているが故に別れを選択し
そして静かに迫り来る死を覚悟した時に
自分の命を次の命へと受け渡す選択をする。
その部分に私は、どうしてもひっかかってしまった。

ひとつの命が終わっても子供へと命はと受け継がれていく。
死はひとつの通過点であり、命の連鎖というものは永遠なのだ・・・

それは確かに素晴らしい考え方だと思う。
余命三ヶ月でも男なら子供を作る事はできる。
でも、子供が生めない、生まない事を選択した女性だったら?
私に置き換えたとしても、その部分で映画に対する共感は消えた。

観終わった後に考えさせられる映画がたまにあるけれど
この映画もそんなひとつではないかと思う。
私が感じた違和感が、まさにそこが監督の狙っていたところだとすれば
してやられたという感じだけど・・・

ラストシーンの描写は古き良き時代の頃の映画へのオマージュを感じた。
沈む夕日の美しさは命の灯火がはかなく消えていくようでもあり
暗闇の中でなお寄せては返すさざなみの静かな音は
永遠に受け継がれ繰り返す消える事のない命の鼓動のようで
言いようのない余韻を残して映画は終わった。。
| 洋画・ハ行 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
アポカリプト
そこにあるのは
生と死

ただ生きるため
本能のまま男は走る




映画は栄華を誇ったマヤ文明の
崩壊間近のジャングルのシーンから始まります。
画面から伝わってくるストーリーは
究極にシンプル
しかも言語はマヤ語です。
これは英語圏に対しての
言葉で説明する必要性を敢えて捨てています。

ここでかなり挑発的なメルギブのニヤリ顔が浮かびます。

ストーリー前半にこれでもかっ!!と描かれる
そこまでリアルに見せんでもいいんじゃない?な
残酷な生贄を捧げるシーン。

またメルの恍惚の表情が浮かびます。

でもってジャングルを走り抜ける様を
カメラは追っているだけなのに
その撮影テクニックには
CGを使っているとはいえ度肝を抜かれます。

またまたメルギブの
実は最新のテクを駆使してんだぜ?な顔が浮かびます。

イケメンな主人公が
生きるというシンプルな本能のために
ただひたすら追ってから逃れて走る、走る、走る。

それに集中したいのに
私の頭の片隅にちらつくメルギブ。

本編を観るまでは
前作パッションの次はこの題材!?ってのが正直な感想でした。
なぜに?と思って観ていたらラストシーンで全て納得。

宗教の始まりを描いたら
そりゃあ次は布教活動ですモンね。

正に天才と変態は紙一重

そう納得できた一本でした。。。
JUGEMテーマ:映画


| 洋画・ア行 | 04:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
グラディエーター
いつか自由になったら
きっとまたあえる
でも、まだだ





当時は彼が主演男優賞を獲ったという事で
話題になっていましたが私的には
愛するが故に愛されていない苦悩を演じきった
哀しき皇帝役のフォアキン・フェニックスの方が
全編を通して見れば賞に値した演技だったと思います。

登場するのは

愛を欲しがる者
愛を与えられない者
そして愛を与える者

綺麗に色分けされていて
そのどちらもが
救いようのない不幸や
複雑な想いを抱えています。

所詮、フィクションですから
史実に忠実じゃないとか
CG使いすぎだとか
色々と意見はありますが
そんなのはどうでもよかった。

私的にはフォアキンの熱演の方に軍配があがっていたので
なぜにラッセル・クロウが獲ってしまったのか?
と思っていたのですが
ラストシーンで理解できました。。。

天国への扉(=死)へ手をかけるシーンの
彼の安らかな微笑。
本来ならばきっと最悪のBADENDなのに
ここまで幸福感をもたらせてくれる映画はそうはないでしょう。
最後に監督が偶然か意図して描いたのかわかりませんが
主人公が力尽き意識が遠のくシーンの直前で
競技場の天上から降り注ぐ光が彼の体を照らした時
まるで天使の梯子のように見えて鳥肌が立ちました。
あのシーンだけで
彼の願いは成就したんだ。という事が確信できます。
よく、このラストシーンのために本編があるんだよね、
っていう映画がありますが
この映画もそんな一本なんじゃないかなあ。。
JUGEMテーマ:映画


| 洋画・カ行 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハイ・フィデリティ
High Fidelity

あなたの人生のTOP5はなに?



音楽とアナログが大好きな人なら
特にたまらんツボな映画でしょうね
私も観ながら「そうそうそう!!」
って頷きつつもツッコんでました。

30代の音楽ジャンキーが主人公で
音楽好きが高じてレコード店をやってるものの
店員もヲタ過ぎて(ジャック・ブラック最高ww)
売り上げはあんまりぱっとせず
かといって将来の事も逃げ腰であんまし考えたくない。
そんな主人公に嫌気が差して(?)
同棲中の彼女が理由も言わずある日突然出て行ってしまう。。
そこで彼は考える
「俺のなにが悪いんだ?」

ストーリー的にはこんな感じで始まるんですが
男の人ならけっこうこの主人公に共感できる部分が
あるのではないでしょうか
かっこいいばっかしの自分じゃなくて
思いっきり往生際が悪くてヘタレな自分。
まあ、こういう部分って
男女関係無にあてはまるところがあるかもですね。

音楽ジャンキー的な視点で観ると
もう、共感しまくり!(笑)
自分のお勧めの曲TOP5を作るとこなんざ
「国境越えても考える事は人間みな同じなのねww」って
嬉しくなってしまいました

脇役も豪華で(キャサリン・ゼタ・ジョーンズにティム・ロビンス)
楽しんで作ったんだろうなあ。。って
雰囲気が伝わってきます。
でもそんなコメディ・タッチな中でも
胸に響いたセリフはある訳で・・・

地に足の付かない生き方
それは自分自身、自由に生きてるってことだ
でもそれは自殺行為だ 少しずつ自分が死んでいく


私もある意味好きな事を仕事にして
好きな音に囲まれてはいるけれど
永遠という保証はどこにもないので
深く考えさせられるセリフでした。。。
| 洋画・ハ行 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ディパーテッド
マーティン・スコセッシよ
これで念願のアカデミーを獲って
あなたは本当に嬉しかったのか?




よくリメイク元が素晴らし過ぎると
それを越える事はできないと言いますが
正にその言葉のままの映画でした。

映画としての作品性を高みに持っていってるのは
監督の力ではなく
主役3人の演技力のみ。
それでも際立っていたのはディカプリオだけ。
ジャック・ニコルソンはなんとか怪優としての威厳を保とうとし
意味の無い場面で主義主張。
マット・デイモンはそんな彼らに食われまいと必死の演技。

脇もこんなに豪華に固めたのに
お粗末すぎる脚本。

そして御都合主義に彩られた
アメリカナイズされた原作とは違うラストシーン

この作品がアカデミー賞を受賞した時
もうアカデミーの威厳は失われたと痛感しましたが
本当にそのまんまでした。

これ以上語る言葉もありません。。。
| 洋画・タ行 | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
善き人のためのソナタ
Sonate vom Guten Menschen

ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツ。
徹底した監視体制を敷く東ドイツの秘密警察(シュタージ)は、
劇作家ドライマンと恋人の女優クリスタが反体制的である証拠を見つけるため、
ヴィースラー大尉に監視を命じる。
彼らの生活をつぶさに盗聴・監視することになったヴィースラーは、
彼らの自由な思想、そして1曲の美しいピアノソナタによって
次第に心を動かされていく……。



2007年の外国語アカデミー賞を受賞した映画です。
概ねドイツ映画といえば音楽がほとんどないだろう・・・
と思ってたので静かな映画かと思いきや
要所要所で的確に印象的な音楽が流れるので
「お!?」と思いクレジットをよく観ると
やはりというか音楽担当は
私の大好きなガブリエル・ヤレドでした。
どうりで綺麗なはずだわ。。

徹底した社会主義国家を理想郷と信じて
生きてきたヴィースラー。
でも同級生だった友は出世と自己保身しか考えず
大臣はある女が欲しいがためだけに権力を利用する。
それが今の自分の信じたモノの成れの果てだとしたら・・・
そしてそんなやつらが国のトップだという現実。

今までの己の信念がぐらついたときに
自分が監視していた対象者達が弾いた一曲のソナタによって
彼の心に熱が灯る

そう、私このピアノをヴィースラーが聴いた時の場面で
訳を見て「?」と違和感を感じました。
セリフでは熱情ソナタなのに
なぜに譜面の題名が善き人のためのソナタ?
あれは彼が善き人になる=生まれ変わるんじゃなくて
内なる心に熱情=パッションが生まれる瞬間だったんじゃないかって
思えたからなのです。
今まで抑圧してきた自分ではなく自我に目覚めた瞬間だったのではないか
だから彼は内なる熱に突き動かされて行動したのではないかと。。

だからその後、逆に要注意人物となって
落ちぶれてしまった彼にまったく後悔や悲壮感が感じられなかったのです。
壁が崩壊した後も元シュタージというレッテルで
きっと不遇な目にあったでしょうが
熱情を持って行動した者のみ知りうる充足感が
寡黙な彼を支えていたのではないでしょうか

そんな彼に真実の全てを知った劇作家が
彼にしか出来ないやりかた=ヴィースラーが1番望み、守りぬいた方法で
気持ちを伝えてきます。
ラストシーンでこんなに泣ける映画っていうのもあんまりないですね。
私もしばらく涙が止まりませんでした。。。

いい脚本というのは滅多に出会うことはありませんが
この作品は正に完璧です。
本当にラストのセリフのためにこの映画はあると言っても過言ではありません。

ただ惜しむのはやはり先に書いた日本語訳ですね。
私の中では善き人になった男ではなくて
共感できる者の魂に触れて熱情に目覚めた男の話しと捉えた方がしっくりきたので
その部分が残念です。
| 洋画・ヤ・ラ・ワ行 | 03:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハンニバル・ライジング
僕の中に
どうしようもなく冷たいものが流れている
僕はそれを
どうすることもできないんだ


グレアム・ヤング



カニバリズム(食人)という
映画でも表現するのが難しい題材に
なんとか挑んでいる姿が垣間見えて
好感の持てる映画ではありました。

あ〜、こういう過去があったからレクターは
こうなちゃったのね〜
と、ちゃんとわかる映画でもあります。
レクターがカニバリズムに走る動機付けが弱い!
という評価もありますが
カニバリズムを現実で目の当たりにすると
確かに一発でトラウマですが
やはり映画ではあれがギリギリの表現だったのではないのかなあ。。
そして成長しても当時の悪夢に悩まされ
それを断ち切る為と復讐の為
自らの手で大切な者を奪った男達を殺害していきます。
そう、最初は単なる復讐劇だったんですが
殺害を重ねるにつれ彼自身の中で何かが変わっていきます。。。

しかもラスト近く明かされるもう一つの事実

これで彼は完全にプッツンしてしまいます。

ここがアンソニー・ホプキンス演じた
羊たちの沈黙のレクターの
本当の誕生の場面なんでしょうね

それよりも私はこのレクターを演じた
ギャスパー・ウリエルに目が釘付けでした(汗
もろ私の好みで直球ど真ん中。
しかもフランス人だなんてーーーー!!
短髪も似合うし前髪長いのも似合うし完璧です。。。
しかも私の溺愛する某アニメキャラを人間にするとこんな感じか!?(笑)
観ている間中、全然違うところで萌えていたワタシでした・・・

| 洋画・ハ行 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/4PAGES | >>