<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
レミーのおいしいレストラン
レミーは実はミスター味っ子だった!



先月台風の中観に行ってきたレミーのおいしいレストラン

公式HPで声優をチェックしたところ
予告の吹替が字幕の英語のセリフに割りと忠実だったのと
字幕版の本来の主役の声より吹替版の声の方が
レミーのイメージに合っていたので吹替版で観て来ました
アメリカにもプロの声優が育つといいんですけどね
無理だろうなあ。。

映画の方はもうね、なんという料理人魂でしょう
今時のぬるま湯に浸かってるようなやる気の無い料理人見習いの子達に
レミーの爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいです
うちにレミーが来たら絶対雇いますもん
とにかく料理関係の仕事に従事してる人が見ると
ツッコミどころ満載の映画でした

映画に込められた今の料理業界に対する最大級の皮肉

天才シェフがねずみで
天才シェフから生まれた子供が味オンチ

そんな二人が出会って、奇跡をおこしていく…

本当に、こんな事があったらいいな。っていうファンタジーで
泣くような映画じゃないのに、途中涙が止まりませんでした
料理に限らず、好きなものにこだわる事と
他人から無理だと笑われても自分の夢を追う事の大切さ
そのために一生懸命になる事は全然カッコ悪い事じゃなくて
素敵な事なんだって事を改めて再確認させてくれます

肝心のCGの方はもうここまできたか。。。
っていう溜息しかでません。
とにかく素晴らしい。
ねずみの毛の一本一本に至るまでが完璧
特に唸ったのは厨房の設計デザイン
こんな機能的でセンスのいい厨房は滅多に見ることはありません
もし映画と同じように作ると○千万級の設備です
ずっと「いいな〜〜、これ…。」と羨望の眼差しで見てました

が、しかし!!

肝心のラストで私の理性はぶっ飛びました。

なんですか!
このミスター味っ子のような展開は!!
このスタッフ、観た事あるんじゃないのか!?
ってくらい、開いた口がふさがりませんでした。
いえ、別に悪い意味じゃないんですけどね、
この意味は是非観てから確かめて下さい(笑)
| アニメ | 02:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
銀河鉄道の夜
どこまでも、どこまでも
いっしょにいくよ




初めてこの映画を見たのは高校生位の時だったと思う

原作は読んだことがなかったけれど
このアニメ独特の世界観が強烈に記憶に残っていた
昼間のTV放送だったのに
今見ているその空間は明らかに夜だった

そして耳に残る不思議で綺麗な旋律

私は細野春臣はあんまり好きではないのだけれど
この映画の音楽に関しては最高だと認める

それから何年かして
改めてきちんと見直した時に
不覚にも私は号泣した

見ている間ずっと
ジョバンニを置いて
銀河に消えていくカンパネルラと
家出をして2年間行方不明だった私の弟の姿が
重なって見えてしまったから

語られるのは本当に何気ないセリフばかりなのだけど
愛する者を失った人
大事な人が遠くに逝ってしまった人
そんな経験がある人ならば
そのセリフの言葉達が
現実味を帯びて胸に突き刺さってくるだろう

なんでこんなにこの話しは
不思議な力を持っているんだろう・・・って思っていたら
その理由はすぐにわかった

原作者の宮沢賢治もまた
大切な兄妹を失っていたのだ

主人公のジョバンニは宮沢賢治で
カンパネルラは若くして亡くなった妹のことだったのだ

この原作のアニメ化にあたって
主人公達を猫に擬人化して設定するのに
かなり反対意見が出たらしいけど
私はこの不思議な世界観は
この設定が1番あっていると信じている

宮沢賢治もこのアニメを見たら喜ぶんじゃないのかな

彼の事を深くは知らないけれど
彼の童話の世界観は
西洋に伝わる童話と同じように捉えるべきなんじゃないかと
思うのだ

登場人物を日本人で括ってしまうと
想像力が限定されてしまうから
彼はそれを望んでなかったから
自由に発想してもらうために
西洋風に仕立てたんじゃないのかな

だから彼が登場人物たちに託す想いが
ストレートに心に響いてくるのかもしれない

この銀河鉄道の汽笛は
逝ってしまった人々を星の海に連れて行く
鎮魂歌のようなものかもしれないね・・・
| アニメ | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
風が吹くとき
風が吹いたら、揺りかごがゆれる。
枝が折れたら、揺りかごが落ちる。
坊やも揺りかごもみな落ちる。




先日、ついに北朝鮮が核実験を行ってしまいましたね。
絶対に許されるべき事ではありませんが
その後、ネットで目にした
政府指示であろう緊急事態の非難の場合においての行動に
思わず笑ってしまいました。

風下を避けてタオルで口を覆って。。。云々

まるでこの映画の強烈な風刺のまんまではないかと。

現実の私たちはまさかそんなもので放射能汚染から
逃れられる事はありえないと知っています。
この映画はそれを知らない老夫婦が主人公。
幾度かの戦争をくぐりぬけてきた夫婦は
また勃発した戦争から身を守るため
政府指示の手引書を元に吹けば飛ぶよな
お手製の簡易シェルターを作ります。
窓を白くペンキで塗るのも、放射能を防ぐためだと信じて。

そして、物凄い光とともに風が吹きます。

無傷で生き残った二人は瓦礫の中、まだ命があることに感謝し
ただひたすら政府の救援隊がやってくることを信じ待ち続けます。

「雨水飲んでも大丈夫だと思う?」
「うん、もちろんさ!雨水ほどきれいなものはない」

やがて無傷だった二人は衰弱していきます。

めまい、下痢、妙な斑点、そして髪の毛が抜け落ちる。。。

ほんとに救いようのないラストなんですが
この絵本の原作者がスノーマンも書いていた、というのもびっくりでした。

この映画を初めて見た時は
放射能がこんなんで防げる訳ないじゃん!!
と、切なくてたまらなかったのですが
最近ふと、もしかしたら現実に本気で信じている人達がいるかもしれない…
と思うようになりました。
目に見えないから、怖いと教わらなければそう信じるかもしれないと…
今まではありえない話の映画でしたが
今ではありえる話の映画になってしまいました。

戦争の怖さを語り継ぐっていうのは本当に大切な事ですね。。。
| アニメ | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |