<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
コードネームはファルコン

自分の思い描く理想で他人が幸せになる事は
不幸にする事よりももっと困難で難しい

 
コードネームはファルコン 


実際にアメリカで起こったスパイ事件を元に描かれた映画です。

何不自由なく育った主人公クリスとまるでチンピラのドールトン
彼らの共通項は幼い頃からの友達であるということ。
そんな温室育ちで神学校に通っていたクリスが就職したのが
とあるアメリカの情報機関だったのですが
そこで目にしたのは理想の国家とは裏腹なダークな部分。
まだ社会というものを、世界というものの
大きさ、恐ろしさを知らない彼は幼馴染のドールトンを巻き込んで
情報売買=スパイ活動に足を踏み入れていきます。。

主題歌はデビッド・ボウイ
タイトルが「This is not America」とはモロ直球すぎです。
最近の映画の主題歌はどうでもいいタイアップが多くて
印象に残るという曲はあまりないけれど
この曲は映画のイメージそのまんまです。


クリス役のティモシー・ハットンはさておき
ドールトン役を若き日のショーン・ペンが演じているのですが
これがもう最高にいい。
なんで真面目なおぼっちゃんの主人公が
そんな不良なやさぐれ男と友達付き合い続けるんだろう?
という疑問の答えが、ショーンの演技の中にあります。
憎めない、見捨てられないキャラだから
クリスは同じ運命を辿ったのか?
私の中で答えは「否」です。
結局はクリスもドールトンを利用していただけの事。
自分の方が優れているという思いがあったから
続いていただけの友人関係、その友情は一方通行で
決して対等になるように見える事はなかった。
そんなクリス自身を象徴するかのように効果的に使われるのが
クリスと彼が飼っていた鷹とのシーン。
大切に飼われているとはいえ、
囚われの身である鷹が大空に放たれて羽ばたくワンシーン。
物語冒頭とラストで同じようなシーンをまったく対照的に描いています。


クリスが引き起こした事件は正義感の観念からすると
彼の行動が100%許せないというものではありません。
けれど、彼に友達の人生を奪い
家族や関わった人を不幸にする権利はないはず。


支配する者とされる者。
クリスが衝動的に欲したものは理想郷だったのか
本当の自由だったのか。
きっと永遠に手にする事ができないからこそ
人はそれを追い求めてしまうのかもしれない。


 

| 洋画・カ行 | 02:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
グラディエーター
いつか自由になったら
きっとまたあえる
でも、まだだ





当時は彼が主演男優賞を獲ったという事で
話題になっていましたが私的には
愛するが故に愛されていない苦悩を演じきった
哀しき皇帝役のフォアキン・フェニックスの方が
全編を通して見れば賞に値した演技だったと思います。

登場するのは

愛を欲しがる者
愛を与えられない者
そして愛を与える者

綺麗に色分けされていて
そのどちらもが
救いようのない不幸や
複雑な想いを抱えています。

所詮、フィクションですから
史実に忠実じゃないとか
CG使いすぎだとか
色々と意見はありますが
そんなのはどうでもよかった。

私的にはフォアキンの熱演の方に軍配があがっていたので
なぜにラッセル・クロウが獲ってしまったのか?
と思っていたのですが
ラストシーンで理解できました。。。

天国への扉(=死)へ手をかけるシーンの
彼の安らかな微笑。
本来ならばきっと最悪のBADENDなのに
ここまで幸福感をもたらせてくれる映画はそうはないでしょう。
最後に監督が偶然か意図して描いたのかわかりませんが
主人公が力尽き意識が遠のくシーンの直前で
競技場の天上から降り注ぐ光が彼の体を照らした時
まるで天使の梯子のように見えて鳥肌が立ちました。
あのシーンだけで
彼の願いは成就したんだ。という事が確信できます。
よく、このラストシーンのために本編があるんだよね、
っていう映画がありますが
この映画もそんな一本なんじゃないかなあ。。
JUGEMテーマ:映画


| 洋画・カ行 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
カイロの紫のバラ
世の中は不況の真っ只中
だんなは職がなくイライラしてて
家計を支えるのは自分のパート収入のみ
毎日同じ事の繰り返しの平凡な毎日
でも唯一の楽しみが大好きな俳優が出ている映画を観に
映画館に通うこと
そんなときスクリーンから憧れのあの人が飛び出してきて
「一緒に行こう」と言われたら…?



この映画を最初に観た時、私は高校生でした
女性ならすんごくときめいてしまいそうな題材です
ウッディ・アレンて少女漫画を密かに読んでるんじゃないのか!?
って本気で思いましたもん

気の弱いどこにでもいそうな主人公(人妻)と
スクリーンから飛び出した俳優、憧れの俳優
そして自分のだんなやら色んな人を巻き込んで
物語は非現実的なまま進んでいきます

暴力的で当り散らすだんなより
かっこよくて自分の話を聞いてくれて
甘く囁いてくれる彼の方によろめくのが
そりゃ当然ですよね

主婦なら誰しも夢見そうな話です

で、話は誰か一人に決めなきゃいけない
究極の選択?をせまられるラストへと向かうわけですが
当時の私にはこの選択(ラスト)の意味が
正直よくわかりませんでした
だって高校生で男女の機微や、ましてや
夫婦や家庭の問題なんてわかるわけがない!!
「う〜〜ん??そうなの??」みたいな感想でした

でもそれから時が過ぎて
色んな事を経験し人生というものが
なんとなくわかるくらいの歳になりだしてから
やけにこの映画のラストシーンが思い出されるのです
そしてウッディ・アレンが言いたかったのは
このラストに集約されているのではなかったのかと。。。

たとえ昼下がりの主婦とはいえど
この主人公と同じ目線に立てる人達は
最後はやっぱりこの主人公と
同じ選択をするのじゃないかなあ。。。
結婚する前と後じゃ全く違う見方ができる映画です
こんな映画も珍しいかも。。

だからこのラストシーンのミア・ファロー(人妻)
すっごくかわいくて切なくて哀しくてリアルなのです

彼女が選んだのは誰だったのか?
気になる方はレンタルで探して観てください

ちなみに私にも過去
なんとなく似たような出来事がありましたが
やっぱり選んだのは彼女と同じでした。。。。。
| 洋画・カ行 | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゴール!
W杯が始まる前に観ておくべ
という事で観てみましたが

まさにスポ根の王道!!
ってな感じで、コレって
字幕無しでも理解できるんじゃないの?

私の脳裏には思わず
幼い兄弟達を背後霊のように従えてバッターボックスに立つ
左門豊作の姿がよぎってしまいましたww

やはり国やスポーツの種類は違えど
根っこは同じなのねww

思いっきりFIFAの宣伝映画なんですが
頭使わずにサッカーのサクセス・ストーリーを楽しむなら
すごく楽しめる映画です
サントラにも力入れてるし
一粒で二度おいしい!!ってやつです

これは三部作の一話目なので
4年後の南アフリカ大会までひっぱるための
つなぎの役目もあるんでしょうね



今はちょうどW杯真っ最中で
日本は第一戦を落としてしまった訳ですが
私は一次リーグを突破するのはけっこう難しいと予想してたので
「それみたことか」って感じです

実は私、サッカー好きで
国内(Jリーグ)以外はかなりチェックして観るヤツなのですが
元々今回の日本代表のメンバーには納得いってなかったので
観てても応援に熱が入りません

たぶんブラジル以外の
後がない3チームで
恐ろしい三つ巴戦が展開されるんでしょうけどね

違う意味で楽しみです。。。
| 洋画・カ行 | 04:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |