<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
殺人の追憶
おまえは、いまどこにいる?
その答えを知っているのは・・・




1980年代の韓国で実際に起こった連続殺人事件の映画化です。
しかも未解決で未だに犯人は捕まっていません。

映画化するには事件が未解決なので
ラストをどう消化するのかが疑問でした。
そしてその題材と、事件に翻弄される刑事達・・・という
ストーリー展開ですぐに思い浮かんだのは
先日のブログで書いたゾディアック

映画化の順番でいうと
こちらが2003年でゾディアックが2007年
私は先にゾディアックを鑑賞済みだったのですが
観始めてすぐにゾディアックがいかに駄作だったかを思い知りました。
犯人を特定したゾディアックと対照的に犯人を特定する訳でもない。
なのに、恐ろしく衝撃的なラスト。
ここまで作品自身に得体の知れない凄さを持つ映画は
なかったかもしれない。

人間の内に潜む、自分ですら気づかない暗い闇の中の本質
それは何も犯人だけが抱えているものではなく
ごく普通に暮らす人々達でさえも抱えているという真実を
物語中盤から見事に描き出しています。
だからラストシーンに至るまでの登場人物達に
悪い意味ではなく感情移入すらできなかった。
なぜならそれぞれの登場人物の持つ怒りや悲しみ、狂気が
表裏一体のように紙一重でつながっていたから。
すべての登場人物に垣間見る自分自身の本質の姿。
誰でもが刑事になり被害者になり犯人に成りえる可能性を秘めているという現実。

誰の心にも怪物は息を潜めている。

この事実に、「なぜ犯人は捕まらなかったのか」という
答えをぶつけています。
それ故にあのラストシーンへとつながるのでしょうか。

だから、犯人がたとえあなたの隣にいたとしても気づかない

永遠に。
| 洋画・サ行 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゾディアック
怪物は姿を見せずとも人を破滅させる事ができる



もう説明するまでもなく
かつてアメリ中を震撼させた伝説の殺人鬼
ゾディアックについて描かれた映画です。
というよりも、犯人探しの謎解きに関わって
見えない犯人に獲りつかれ少しずつ運命の歯車が狂いだし
人生そのものを変えてしまう事になった4人の人物についての映画です。

私自身も連続殺人鬼というものに興味があって
ゾディアックについてもかなり詳しく調べた事があります。
今の科学捜査能力からすれば当時の状況証拠だったら
ある程度は解明出来き容疑者も絞り込めるような事件で、
古き良き時代から近代化した新しい時代との隙間
ちょうど時代のエアポケットの中で起こったような、そんな事件でした。

高度成長を遂げようとしていたあの時代だったからこそ
人々が姿の見えない怪物に魅了され熱狂したのでしょうか。。

劇中では殺人鬼の得体の知れない恐ろしさと
殺人鬼に心を囚われてしまい
見えない凶器で人生を破壊されていく恐怖
その二つの対比を描きたかったのかしら?と思ったけれど
話の展開が散漫になりすぎてインパクトが弱すぎた。

最後に犯人の謎解きもあったけれど
この事件に興味を持った人なら誰でも知っている事で、
今更驚く訳もない。
結局この映画を通してこの監督はナニを伝えたいのかが
まったく以って私にはわからなかった。。。
| 洋画・サ行 | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
最後の誘惑


THE LAST TEMPTATION OF CHRIST最後の誘惑

今まで観た映画で私の3本の指に入るくらい衝撃を受けた映画です

監督がマーティン・スコセッシで
常連俳優のハーヴェイ・カイテル他
ウィレム・デフォー、デビッド・ボウイ
音楽がピーター・ガブリエルときたら
史上最強でしょ

この映画が公開された当時は今のダヴィンチ・コードみたく
かなり論争が巻き起こりました
イエス・キリストのSEXシーンがあるが故ですが
私も最初はどんなもんだろ?位の感覚で軽く観ました

でもそんなスキャンダラスな事すら
後半、キリストが磔にされてから
衝撃のラストに至るまで、こちら側の予想を裏切られる爽快感みたいな
ショックの前に霞んでしまう程でした
そしてそこに畳みかかる様にかぶさる
ピーター・ガブリエルのエンディング・テーマ!
彼はバーディというベトナム帰還兵をテーマにした映画でも
凄く綺麗なスコアを書き下ろしているのですが
この映画はかなりの気合の入れようです
(ちなみにこの映画音楽を担当したのがきっかけで
彼は中東っぽい民族音楽に傾倒していきます)

そして数年前
メル・ギブソンがパッションという映画を撮りました
キリストの最後の日を忠実に再現した映画で
拷問シーンは信仰深い人なら心臓麻痺をマジで起こしそうです

で、そのパションのラストで
「そうやったんかーーーーー!!!」
と気付いた事

キリストは磔にされてから
「父よ、なぜ私をお見捨てになるのですか」
と、問いかけます
そして、しばしの間の後・・・
「これで成就されました」
と言って人間としての生を終わります

普通に観ていたら、この「間」はなに?と思いませんか
見捨てられたと感じたのに
なんの確信があって「成就」なのか・・・
そう、たぶんこの「最後の誘惑」の原作者は
同じ事を疑問に思ったから
その「間」の中でキリスト自身になんの葛藤があったのか
自分なりの解釈で物語を作り上げた訳です

私はこの解釈、かなり好きです
なぜなら「悪者」がいないから。
あの裏切り者のユダの解釈が一番好きかな。
本当はキリストを一番愛していたという・・・
このキーパーソンの役をハーヴェイ・カイテルが演じているっていうのもたまらんです
この映画、キリストを侮辱していると言われたりもしますが
ダヴィンチ〜に比べると
全く以ってそれはないと断言できます
ベースに深い信仰心があるからそれはちゃんと伝ってきます

たまにはこういうのもいいですよ。。。
| 洋画・サ行 | 04:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
サーモンベリーズ
先日のブログで書いた

ブロークバック・マウンテン

この映画を観た後
女性のお客さんと感想を話してた時に
「男同士はいいいけど女同士はなんかビジュアル的に嫌なんよね〜」
という言葉で
ある映画を思い出した



パーシー・アドロン監督

サーモンベリーズ

こちらはBBMと対極的に
女の人を愛してしまった
男のような生き方をしている女の人の
切ないストーリー

切なさ度で言ったらこちらの方が哀しい

同じ監督作品で

バグダッド・カフェ

が有名だけど
こちらも知ってて観てる人は意外にいない

BBMよりある意味
純粋な愛情だけを追っているかな

でもこれを10年以上も前に撮っていたなんて
やっぱすごいと思う

一見の価値はある映画です
| 洋画・サ行 | 04:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
ステルス
映画を観に行って
音楽が耳に残る
という事がたま〜にあるが

久々にキタのがこれ

ステルス



先々月公開されて
友人に促され私のリクエストでみんなと観に行ったのだが
素直に「あ、音楽ヤバイ!」と思った

映画自体は別な意味でヤバかったが。。。

音楽監修は誰だ?
とエンドクレジットを食い入るようにチェックしていたら
やっぱしBTでした!

私のツボなハズだわ。。。

これはサントラを手に入れねば〜!ということで
やっと今日入手しました

改めて聴くとやはりエンドロールで流れていた

DREDG/BUG EYES

という曲が良い!!

他の楽曲も水準高いし
下手なオムニバス盤より超お勧めです

まだ観てない方は
1月にDVDが出るので御覧アレ

しかしいつも思うんだけど
みんななんで映画の本編が終るとさっさと出るのかなあ。。。?
| 洋画・サ行 | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スター・ウォーズ/シスの復讐
漢と書いておとこと読む。

土曜日の夜中に観に行った
スターウォーズは正にそんな感想だった。



はっきり言って
ヘイデン・クリステンセンのための
プロモーション映画のようだった。

エピソード2の時は
まだ野暮ったかったのに
よくぞここまでかっこよくなったものだ。

そりゃあ反則だろう!
というくらい、いい男すぎる。

もう、惚れちゃったじゃないか!!

咲き誇る悪の華

そんな言葉がよく似合うのだ。



しかも物語全般に流れるのは
悲しいまでの「愛」

地位や名誉やお金のためではなく
「愛」のために彼は身を売る。

そして愛する人が命を託した子供達に
愛によって救われて命と引き換えに守り抜く。

そんな物語へと続いて行く。

いいぞ!
ジョージ・ルーカス!!

脚本下手だけど。

ずっと観ながら
こりゃ〜彼以外の登場人物は霞むなあ・・
と思っていると、
物語終盤、後の席からお姉ちゃんの呟きが聞こえた。





「ヨーダ、かっこいい(はあと)」


思わぬところに伏兵はいるものである。

そう、漢(おとこ)は顔だけじゃないのだ。
| 洋画・サ行 | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |