<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ゴール! | main | カイロの紫のバラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ユナイテッド93
世界中が忘れることはない
2001年9月11日
ほぼ同時にハイジャックされた4機の内
唯一目的地ではない場所に墜落した
ユナイテッド93便の映画です



不謹慎ですが今まで観た映画の
飛行機の墜落シーンの中で
私は「生きてこそ」が一番リアルだと思っていました

この映画はそういうリアルさをついに超越したかのように
もの凄い力で観る者にその臨場感を叩きつけてきます

物語はほぼ二部構成
前半は異変に気付きながらも
どうすることも助けることもできない管制塔を中心に
後半は出発が遅れたせいで
ハイジャック犯の目的を知り
生存が絶望的な中
最後まで立ち向かおうとする機内の人々が
息絶える、まさに瞬間までを描いています

レビューなどでこの映画のドキュメンタリー手法の
是非が問われていましたが
ここまで徹底しているとは思いもよりませんでした
脚本は実際の会話以外即興に近く
場を盛り上げる音楽ですらほとんど流れませんでした
また、乗客が抵抗を始め墜落するまでの
瞬間のその目線(カメラ)は
今映画館に座る観客が
乗客と一体になった目線そのものでした
カメラが暗転した瞬間に
その瞬間に亡くなった人達と
そしてまだ息をしている自分に気付き
生と死の境界線のようなものを実感します

この映画にはメロドラマ的な要素は一切ありません
テロリストの社会的背景や思想、悪の定義
乗客寄りの感情移入等、事実以外はすべて排除して
淡々としています

ただわかるのは
テロリストも乗客も同じように神に祈り
死を恐れ兄弟や家族に愛していると口にするのに
その信じるモノの向かう先が決定的に違うということ

宗教が、人種が、思想が違うというのではなく
ただ純粋に生きようとする人を
違う方向へと狂わせてしまうものは何か

憎むべきテロリストも結局は
聖戦=殉教という名の下に
国などではなくある一個人の欲望と復讐のために
利用された人達ではないのかと思わずにはいられませんでした。。。
| 洋画・ヤ・ラ・ワ行 | 04:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 04:30 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yumeneko.jugem.jp/trackback/16
トラックバック