<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 銀河鉄道の夜 | main | ハンニバル・ライジング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
レミーのおいしいレストラン
レミーは実はミスター味っ子だった!



先月台風の中観に行ってきたレミーのおいしいレストラン

公式HPで声優をチェックしたところ
予告の吹替が字幕の英語のセリフに割りと忠実だったのと
字幕版の本来の主役の声より吹替版の声の方が
レミーのイメージに合っていたので吹替版で観て来ました
アメリカにもプロの声優が育つといいんですけどね
無理だろうなあ。。

映画の方はもうね、なんという料理人魂でしょう
今時のぬるま湯に浸かってるようなやる気の無い料理人見習いの子達に
レミーの爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいです
うちにレミーが来たら絶対雇いますもん
とにかく料理関係の仕事に従事してる人が見ると
ツッコミどころ満載の映画でした

映画に込められた今の料理業界に対する最大級の皮肉

天才シェフがねずみで
天才シェフから生まれた子供が味オンチ

そんな二人が出会って、奇跡をおこしていく…

本当に、こんな事があったらいいな。っていうファンタジーで
泣くような映画じゃないのに、途中涙が止まりませんでした
料理に限らず、好きなものにこだわる事と
他人から無理だと笑われても自分の夢を追う事の大切さ
そのために一生懸命になる事は全然カッコ悪い事じゃなくて
素敵な事なんだって事を改めて再確認させてくれます

肝心のCGの方はもうここまできたか。。。
っていう溜息しかでません。
とにかく素晴らしい。
ねずみの毛の一本一本に至るまでが完璧
特に唸ったのは厨房の設計デザイン
こんな機能的でセンスのいい厨房は滅多に見ることはありません
もし映画と同じように作ると○千万級の設備です
ずっと「いいな〜〜、これ…。」と羨望の眼差しで見てました

が、しかし!!

肝心のラストで私の理性はぶっ飛びました。

なんですか!
このミスター味っ子のような展開は!!
このスタッフ、観た事あるんじゃないのか!?
ってくらい、開いた口がふさがりませんでした。
いえ、別に悪い意味じゃないんですけどね、
この意味は是非観てから確かめて下さい(笑)
| アニメ | 02:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:04 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yumeneko.jugem.jp/trackback/24
トラックバック