<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アポカリプト | main | ゾディアック >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ぼくを葬(おく)る
死に逝く者が選んだあるひとつの選択



この映画を観ようと思ったきっかけはその題材にあった。

仕事もプライベートも順調でさあこれから、というときに
主人公は突然、余命三ヶ月の宣告を受ける。
そして宣告を受けてからその死ぬ瞬間までを描いた映画

普通の映画と若干違うのは
主人公がゲイだという設定だという事

こんな題材の映画を観るとき
多かれ少なかれ普通の人はその残された余命の描写の中に
自分自身を投影して共感できる部分を探し
自分だったらどうするのか、を考えながら観るのではないかと思う。
だって、誰にでも必ずは訪れる
「死」というものを扱っているからね。

私も少なからずそんな中の一人だったと思う。

そうして映画を観始めて私の思惑は脆くも崩れ去る。

主人公が「ゲイ」だという意味。

この主人公は誰かに置き換えれるような人物ではなかった。
ある一人のたまたまゲイだった男が
余命宣告を受け、ある選択をし
最後に自分の死に場所を選び、息絶える。
もしかしたら、主人公に共感を抱く人はいるかもしれない。
だけど、私には抱けなかった。
ネタバレになってしまうかもしれないけれど、
主人公が自分に依存しすぎる恋人の自立を促すために
愛しているが故に別れを選択し
そして静かに迫り来る死を覚悟した時に
自分の命を次の命へと受け渡す選択をする。
その部分に私は、どうしてもひっかかってしまった。

ひとつの命が終わっても子供へと命はと受け継がれていく。
死はひとつの通過点であり、命の連鎖というものは永遠なのだ・・・

それは確かに素晴らしい考え方だと思う。
余命三ヶ月でも男なら子供を作る事はできる。
でも、子供が生めない、生まない事を選択した女性だったら?
私に置き換えたとしても、その部分で映画に対する共感は消えた。

観終わった後に考えさせられる映画がたまにあるけれど
この映画もそんなひとつではないかと思う。
私が感じた違和感が、まさにそこが監督の狙っていたところだとすれば
してやられたという感じだけど・・・

ラストシーンの描写は古き良き時代の頃の映画へのオマージュを感じた。
沈む夕日の美しさは命の灯火がはかなく消えていくようでもあり
暗闇の中でなお寄せては返すさざなみの静かな音は
永遠に受け継がれ繰り返す消える事のない命の鼓動のようで
言いようのない余韻を残して映画は終わった。。
| 洋画・ハ行 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:20 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yumeneko.jugem.jp/trackback/31
トラックバック